おすすめ

動画制作の料金はこうやって決まる!見積書を見るときはここに注意

動画制作を他社に発注する場合、まずは料金がどのくらいかかるか見積書を作成してもらうと思います。しかし、動画制作について詳しくないと見積書の見方もわからず、その料金が適正かどうかも判断できません。そこで、今回は動画制作の見積書の見方を解説します。見方が分かれば、どの部分が削減できるか、最低の料金はどのくらいか、判断することができるでしょう。

●費目の意味が分かれば切り詰めることもできる

制作会社と、どのような動画が作りたいか打ち合わせをすると、その結果算出された料金の見積書が作成されます。その見積書には、一般の会計書では見たこともない費目が並んでいます。

「プロデュース費」「ディレクション費」「企画構成費」「シナリオ制作費」「編集費」「MA費」「作曲費」「音効費」「ナレーション費」「カメラマン費」「照明技術費」「アシスタント費」「撮影費」「撮影機材費」「撮影スタジオ費」「ロケ地使用費」「映像等権利処理費」「グラフィック制作費」…。その一方で、「旅費交通費」「車両費」「雑費」など、一般の会社でも使われる費目も並んでいます。これらの費目を全て満たした見積書を作ると、おそらく動画制作の料金は数百万円になるでしょう。

実は、動画制作で特有な費目の殆どは人件費と、そのスタッフが扱う機材の料金です。ですので、注意深く見てみると「果たして今回の動画制作で必要なスタッフなのか?」という費目が表れます。

例えば、シナリオ制作費や企画構成費は、構成作家が参加してシナリオや構成台本といったものを作成する際に必要な費用です。特にドラマ仕立で無い限りシナリオは必要ありませんし、構成台本もディレクターが作成するスタイルならば安価で済むはずです。屋外で撮影するならば、照明技術費や撮影スタジオ費は必要ありませんし、自分の会社内で撮影するならロケ地使用費もいりません。BGMは既成のものでよいなら作曲費はいりませんし、実写映像だけで構成するなら映像等権利処理費やグラフィック制作費はいりません。

こうして、どのような動画制作をするかによって、必要な費用が決まってくるというわけです。

●料金を切り詰めすぎるのも良くない?

一方で、料金を切り詰めすぎたおかげで動画そのもののクオリティが下がり、期待していた作品が出来上がらなかったという声もよく聞きます。どのような作品が必要なのか、よく見極めて必要なところに必要なお金を掛けるということも重要です。

ディレクターなどが小型カメラで撮影して、PC上で編集する、などで良いならカメラマン費や編集費なども安く済むかもしれません。しかし、映像のクオリティにこだわるなら、専門のカメラマンに撮影してもらい、しっかりと照明を当てて、一眼レフなど機材にもお金をかけたほうが良い映像が撮れます。編集も、プロも使用するポストプロダクションスタジオで行った方がクオリティの高い作品ができます。

ロケ地にこだわるならば、旅費交通費やスタッフや機材が移動する車両費は必須です。音楽も、既存のものでいいなら安く済むように思われがちですが、繰り返し上映したり配信したりするようならば、その著作権費用は高額になります。その場合は、著作権フリーの楽曲を買うか、思い切ってオリジナル曲を作った方が安くすむ場合もあります。

いずれにせよ、どのような動画制作がしたいかによって、見積書の内容も料金も大きく変わってきます。従って、制作会社にこちらの要望をしっかりと伝え、それを実現するための費用が見積もられているかを確認する必要があるのです。見積書を見て、何に使う費用でなぜこの金額なのか、不明な場合は納得できるまで担当者に確認するのを忘れないようにしましょう。

もちろん、Shibuya Movieではしっかりと打ち合わせして、わかりやすい見積書を作るよう努めています。他社の見積書で納得できないなら、ぜひShibuya Movieへご依頼ください。きっとご満足いただけると思います。

アプリ広告【アドネットワーク広告編】

アドネットワーク広告とは?

アドネットワーク広告の特徴は複数の広告媒体を活用してマーケティングを行う点にあります。つまり特定の媒体に依存することなくバランスよくアプリをはじめとした商品・サービスを宣伝していくことができるのがメリットなのです。

ネットワークを活用したビジネスが拡大している一方でターゲティングの設定とマーケティングのアプローチの難しさが浮上しています。いくら時間とお金をかけてマーケティングを行っても見当違いな方面に宣伝していたのでは効果が得られないどころか負担ばかりが増加する状況に陥りかねません。

しかも媒体も多様化が進んでおり、SNSはもちろん、ブログ、Webサイトなどの選択肢があるほか、SNSひとつとっても種類が多数あります。こうした選択肢をどううまく活用して広告を打ち、マーケティングを行っていくことができるか。これがネットビジネスを成功させる鍵といっても過言ではありません。

アドネットワークはこうした多様化した広告媒体をまとめたうえで広告を配信することができます。つまり複数の媒体をひとつの媒体として捉えたうえで同じ広告を打つことができるわけです。

アドネットワーク広告のメリットと向き・不向き

この特徴はどういったメリットをもたらすでしょうか?まず挙げられるのが冒頭にも挙げたように幅広い媒体にアプローチすることで特定の媒体に依存したマーケティングを避けることができる点です。例えばAというSNSには自分たちの製品に向いた潜在的な顧客が多数いるにも関わらずBというSNSで広告を打ったためにうまくいかなかった、といった問題を避けることができます。

また複数の媒体ひとつひとつに広告を打とうとするとかなり面倒な作業になります。しかしアドネットワークを手がけている業者に依頼すればこうした作業を一括して行ってもらうことができるので時間と手間、さらには人件費の大幅な節約にもなります。

一方注意点としては媒体ごとのアプローチができない点が挙げられます。製品・サービスに複数のアピールポイントがある場合、年齢層が高い媒体と低年齢層が多い媒体、ファミリー層が多く利用している媒体などターゲットに合わせて広告のアプローチを変えるといった工夫も必要になってきますが、アドネットワークの場合は原則として一括した作業になるのでそれが難しいのです。どの媒体を見ても同じ広告で画一的な印象になってしまうのは仕方がない部分でしょう。

ただこの点を差し引いても作業の効率化、広告効果などの面でメリットが大きく、有効なマーケティング手法といえます。

ASO対策に必要な施策は?

ASO対策を成功させるためにはコツがある

ASO対策についてよく言われるのが「一般のSEO対策に比べるとやりやすい」ことです。ネット全体の状況をチェックしながら対策を施していく必要がある通常のSEO対策と比べてストア内の状況に合わせて対策を施していけば一定の成果が得られやすいといわれているからです。

しかし「やりやすい」と「簡単」は違います。誰にとってもやりやすいわけですから、「やりやすい対策」をうまくできる人と、できない人で大きな差が出てしまう部分もあるわけです。むしろやりやすい面がある分工夫が求められるともいえるでしょう。

ASO対策のポイントはあくまでダウンロード数を増やすことが最終目標であることです。SEO対策がおもに検索結果の上位表示を目的としているのとは大きな違いです。そして「やりやすい」のはあくまで上位表示であって、最終的にユーザーがダウンロードしてくれるかどうかはまた別の話、そこまで成功させるためにはいくつかのコツがあるのです。

必要な施策を確認しておこう

ASO対策を成功へと導くための対策・施策のコツを確認しておきましょう。必ず挙げられるのがキーワード選定、SEO対策と同様、多くの人のニーズに応えつつ、上位表示が可能になるキーワードを選ぶことが第一なのです。

加えてASO対策ならではの施策といえるのがアプリのタイトルと説明文です。スマホの小さな画面内でいかにインパクトのあるタイトルをつけ、「使ってみようか」と思わせる説明文を用意することができるか。ここにASO対策の成否を決める最大のポイントがあるといってもよいでしょう。

とくに説明文はスクロールすることなく目に入る範囲、最初の1〜2のセンテンスの範囲内に重視するキーワードを盛り込むことが大前提です。それからサブタイトル。メインタイトルを補足する形で必要な情報を取り入れつつ、できるだけわかりやすくキャッチーなものにする。これはセンスが求められる部分もありますが、人気のあるアプリをチェックしながら考えてみましょう。

キーワードの選定とこのタイトル&説明文のASO施策をしっかり行えば半分以上は成功したといっても過言ではないでしょう。最重点課題としてじっくりと取り組んでみましょう。

あとはやはりひと目見たときにインパクトを与えることができるかどうか、スクリーンショットによるアプリのアピールが欠かせません。これも最初の1〜2枚が勝負。すべての人がすべてのスクリーンショットを見てくれるわけではありませんから、最初の数秒で注意をひきつけるものが必要です。

ASO対策の会社はこちら

https://luminage.co.jp/outline/boost/

ASO対策にツールを役立てよう

ASO対策を効率よく行うには?

「新しいSEO」とも言われるASO対策、App Store内でアプリケーションのダウンロードを増やすための対策です。従来のSEO対策と同じように検索エンジンの上位表示を目指すだけでなく、ダウンロード数の増加も目指す点が大きな特徴となっており、「いかに目立ち、ユーザーに使ってみたい気にさせることができるか」が最大のテーマです。この点は検索エンジンの上位表示が最終目的になることが多いSEO対策との大きな違いでしょう。

そんなASO対策は従来のSEO対策と比較してやりやすいといわれています。従来のSEO対策はさまざまな検索エンジンにおいて上位表示を実現する必要があるため、ネット上の膨大な情報や動向を見極めたうえで対策を施していく必要があるのに対し、ASO対策ではApp Store内の動向を見極めるだけでも一定の効果を挙げやすいと考えられているからです。

App Storeでアプリケーションをダウンロードしているユーザーのおよそ6割ほどがストア内の検索エンジンを使って探しているとのデータがあります。つまりストア内で「求められているアプリ、キーワード」を見極めることができれば確実に表示順位のアップを実現できるからです。

ツールで集客アップ?

こうした状況からストア内の状況をいかにうまくチェックすることができるかがASO対策の成否の鍵を握るといえます。そんな対策に役立つツールも存在します。

ストア内のキーワードの動向の確認についてはApp Storeのサジェスト機能を活用する選択肢もあります。ただこちらはあくまで現時点でのキーワードの利用状況を確認するためのものですし、多くの人が利用しているのでライバルと差別化するのが難しい面もあります。しかしツールなら使っていない人とそうでない人とで検索結果はもちろん、ダウンロード数においても大きな差をつけるチャンスが得られます。

とくにオススメなのが適したキーワードを推測・推薦してくれる機能を持ったツールです。単にストア内のキーワードをチェックするだけでなく、その人にとって適したキーワードを推薦してくれるので非常に役立ちます。

また同じようなアプリを展開しているライバルとキーワードの比較ができるツールもあります。例えばライバルは使っているのに自分は使っていないキーワードを確認することで自分に不利な点を確認し、改善する余地を見つけることができます。

このようにツールを活用したアプローチを行いやすいのもASO対策の特徴です。コスト削減や効率アップの観点からも非常に魅力的な選択肢ですから、ぜひ積極的に活用してみましょう。

ASO対策は分析が重要!

変化するニーズをつねに意識したASO対策を!

App Store内での検索結果を上位に持っていきつつダウンロード数の増加を目指すASO対策。そのポイントはニーズをいかに掴み続けることができるかにかかっているといってもよいでしょう。連日のように膨大なアプリケーションが登場しているApp Storeにおいてはニーズの変化もめまぐるしく変化していきます。うまく売り上げアップを実現することができたとしても、その成功体験に安住しているとあっという間にニーズの変化から取り残されてしまいます。

ASO対策はApp Store内でのニーズの動向を掴むことが最重要といわれています。通常のネット上のSEO対策のように非常に広い範囲の状況を見極めたうえで対策を施していく必要がそれほどなく、あくまでApp Store内での状況を見越した対策が重要とされているのです。その分やりやすいとも言われていますが、App Store内ならではの事情や状況の変化をしっかりと見極めたうえでの対策が求められます。

ある統計ではApp Storeでアプリケーションを探す際、約6割がストア内の検索を利用するといわれています。他の検索エンジンで検索した後にストアにアクセスして探すというアプローチもあるわけですが、それはあくまで補助的な選択肢として機能している様子がこのデータからも窺えます。

分析を定期的に行え!

ですからASO対策においては分析を定期的に行うことが大事です。「今」求められているキーワードは何か、どんなタイトルのアプリの売り上げが伸びているのか。何がきっかけでヒット作が生まれるかわからない時代だけにつねにリアルタイムの状況認識を意識した分析が求められます。

キーワードやタイトルの分析に関してはApp Storeのサジェスト機能でチェックすることもできますが、それだけでなくスクリーンショットやアイコンなどのチェックもしたいところです。ビジュアル面でどういったものが人気なのか、キーワードやタイトルのチェックだけでは検索順位を上位に持っていくことはできてもダウンロード数の増加には結びつかない恐れも出てくるからです。

また対策そのものはストア内の状況を参考に行っていくにしろ、社会全体の状況の分析もある程度は行っておきましょう。健康ブーム、防災への関心の高まりなど世の中のニーズがそのままアプリのニーズに結びつくこともあります。こうした分析を踏まえてキーワードを選ぶことでライバルに先駆けてユーザーの需要にこたえることができるようになるでしょう。

メインはストア内の分析、プラスアルファで世の中全体の状況も意識する。二段構えのアプローチでASO対策を展開してみましょう。

ASO対策の費用はどれぐらい?

ASO対策の難しさと費用との関係

ASO対策にしろSEO対策にしろ、マーケティングにお金をかける以上「元がとれるのか」が重要なテーマとなってきます。いくら検索結果が上位になりアクセス数がアップしたとしても広告にかけたお金に売り上げ増が結びつかなければ意味がないわけです。

ASO対策はApple Store内での検索での上位表示がもっとも重要だといわれており、さまざまな検索エンジンでの上位表示が求められるSEO対策に比べてやりやすいとの評価もあります。しかしそれもあくまで売り上げ増という成果が出てこその話。とくにアプリケーションはユーザーがひと目見たときに惹きつけられるかどうかがダウンロード数に直結するといわれます。

いくら検索が上位になってもインパクトが弱く魅力に欠ける場合にはあっという間にスルーされてしまう恐れがあるわけです。ですから上位表示が実現すればOKのSEO対策に比べて売り上げ増にまで結びつく対策ができるかどうかが問われます。その分高度で専門的なアプローチが求められる部分もあり、業者に依頼した場合に費用が高くなってしまう部分もあるのです。

アプリケーションは価格が安いかどうかもダウンロード数に直結する問題です。そのためロングテール・ロングセラーを意識したASO対策も欠かせないでしょう。

こうした視点のもとでASO対策の費用をチェックしていくことになります。少なくとも1年以上のスパンで元がとれるかどうかを目安にしたいところです。

実際の費用の相場は?

具体的な費用に関しては各業者によって異なるので一概には言えません。また料金設定も業者によって異なっており、初期費用が一切かからず作業の内容によって料金が加算されているシステムがよく見られます。例えばキーワードをひとつ設定して対策を行うごとに1日数千円の料金が発生するなどです。またキーワードに関しても検索数が多いキーワード、複数の言葉を掛け合わせた難易度の高いキーワードなどによっても料金設定が異なります。

さらにSEO対策と同様、成果報酬型を導入している業者も増えており、設定した成果に届かない場合には料金が発生しない場合もあります。

こうした点を考慮したうえで全体の相場を考えると1年間継続して利用する場合には40〜50万円程度は必要でしょう。複数のキーワードを組み合わせたうえで本格的に対策を行う場合には100万円程度が必要になるケースも出てきます。それで元がとれるのか?事前に収支をよく計算したうえで判断したいところです。業者に依頼する際には料金体系について具体的に確認しておくことも忘れないようにしましょう。

iOSアプリのASO対策で必要なこと

iPhoneアプリケーションの売り上げ増を目指して

iPhoneアプリケーションを売るためにはまず知ってもらわなければなりません。大企業でなくても製作が可能なうえにアイデア次第で大ヒットの可能性も秘めているiOSアプリは非常に魅力のあるコンテンツですが、市場にはすでに膨大な数のアプリケーションであふれかえっているためまずユーザーの目に触れるための工夫が必要です。

そんなマーケティングの一環として役立つのがASO対策では。App storeの最適化を行うことで開発したアプリケーションの検索順位を上位に持っていく。SEO対策のアップル版といったところですが、単に検索順位を上位へと持っていくだけでなく売り上げアップも含めた対策を取り入れる点がASO対策の大きな特徴です。

ではどうやって売り上げ、つまりダウンロード数を増やすことができるのか。これがiSOアプリのASO対策における最大のポイントといってもよいでしょう。一般のSEO対策で行われるサイトとは異なり情報量が限られる上にユーザーがひとつひとつのアプリケーションを選ぶ時間も限られています。目移りするような状況でいろいろなアプリケーションをチェックしていくユーザーの目に留まり、使ってみたいと思わせるようなアプローチが求められます。

iOSアプリにおけるASO対策のキホン

基本となるのはやはりキーワードの選択です。この点はSEO対策と共通しています。そのアプリケーションと関連しているうえにユーザーがよく使用するキーワードを選ぶことができるのか。その際に矢靴のがApp Storeのサジェスト機能です。この機能を使用することで市場のニーズを確認し、「今どんなキーワードが求められているのか」をチェックすることができます。

また、iOSアプリはApp Storeでのキーワードの状況が検索結果に大きな影響を及ぼすと考えられています。ストアやアプリから収集されるデータが検索の結果に反映されるため、ストア内でどのようなキーワードが求められているのかが何よりも重要なのです。これは一般的なSEO対策のようなネット全体で求められているキーワードをチェックする必要がある状況とはかなり異なる部分といえるでしょう。

簡単に言えば「App Store内でのニーズをどう掬い取るか」がiOSアプリにおけるASO対策の鍵となります。範囲がある程度限られる分やりやすい面もあるだけにニーズを捉えたキーワードを選ぶための情報収集を積極的に行うようにしたいものです。

そのうえでタイトルとキーワードをうまくかみ合わせたうえで設定すれば検索結果を上位に持っていきつつ、ユーザーの目をひきつけてダウンロード数の増加に持ち込める環境を築いていくことができるはずです。