iOSアプリのASO対策で必要なこと

iPhoneアプリケーションの売り上げ増を目指して

iPhoneアプリケーションを売るためにはまず知ってもらわなければなりません。大企業でなくても製作が可能なうえにアイデア次第で大ヒットの可能性も秘めているiOSアプリは非常に魅力のあるコンテンツですが、市場にはすでに膨大な数のアプリケーションであふれかえっているためまずユーザーの目に触れるための工夫が必要です。

そんなマーケティングの一環として役立つのがASO対策では。App storeの最適化を行うことで開発したアプリケーションの検索順位を上位に持っていく。SEO対策のアップル版といったところですが、単に検索順位を上位へと持っていくだけでなく売り上げアップも含めた対策を取り入れる点がASO対策の大きな特徴です。

ではどうやって売り上げ、つまりダウンロード数を増やすことができるのか。これがiSOアプリのASO対策における最大のポイントといってもよいでしょう。一般のSEO対策で行われるサイトとは異なり情報量が限られる上にユーザーがひとつひとつのアプリケーションを選ぶ時間も限られています。目移りするような状況でいろいろなアプリケーションをチェックしていくユーザーの目に留まり、使ってみたいと思わせるようなアプローチが求められます。

iOSアプリにおけるASO対策のキホン

基本となるのはやはりキーワードの選択です。この点はSEO対策と共通しています。そのアプリケーションと関連しているうえにユーザーがよく使用するキーワードを選ぶことができるのか。その際に矢靴のがApp Storeのサジェスト機能です。この機能を使用することで市場のニーズを確認し、「今どんなキーワードが求められているのか」をチェックすることができます。

また、iOSアプリはApp Storeでのキーワードの状況が検索結果に大きな影響を及ぼすと考えられています。ストアやアプリから収集されるデータが検索の結果に反映されるため、ストア内でどのようなキーワードが求められているのかが何よりも重要なのです。これは一般的なSEO対策のようなネット全体で求められているキーワードをチェックする必要がある状況とはかなり異なる部分といえるでしょう。

簡単に言えば「App Store内でのニーズをどう掬い取るか」がiOSアプリにおけるASO対策の鍵となります。範囲がある程度限られる分やりやすい面もあるだけにニーズを捉えたキーワードを選ぶための情報収集を積極的に行うようにしたいものです。

そのうえでタイトルとキーワードをうまくかみ合わせたうえで設定すれば検索結果を上位に持っていきつつ、ユーザーの目をひきつけてダウンロード数の増加に持ち込める環境を築いていくことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です